株式会社サンワ
サンワ ホーム お問い合わせ サイトマップ
サンワのニュース 製品案内 用途事例集 ご挨拶 会社案内 お問い合わせ リンク集
バーコード
日本の共通商品コードの略称で、1978年にJIS X 0501として制定され、米国のUPCや欧州のEANと互換性を持っています。スーパーなどの流通業界でのPOSシステムに全面的に使用されています。流通コードセンターへの登録が必要。申請用紙は全国の商工会議所、商工会または流通システム開発センターへご連絡ください。

財団法人 流通システム開発センター
チェックデジット?
チェックデジットとはバーコードの最後(通常のJANコードなら13桁目)に、一定の計算式で算出した値を付加して表示し、レジなどで読取る際にも同様の計算式を用い、読取ったバーコードが正しいかチェックするためのデータです。
 
■JANコードの場合の計算例
(例えば 4912345678904 の場合)
  左から12桁目までの偶数桁に当たる数字を全てたして3倍する。
(9+2+4+6+8+0)×3=87 …A
  左から12桁目までの奇数桁に当たる数字をそのまま足す。
(4+1+3+5+7+9)=29 …B
  上記で算出されたAとBを足す。
87+29=116 …C
  上記で算出されたCを10で割り、余りを算出する。
116÷10=11あまり6 …D
  10から上記で算出されたDを引き、出た値がチェックデジット。
10−6=4 …この「4」がチェックデジットで13桁目に表示する。
 
NW7
モナークマーキング社が1972年に開発し、比較的単純な構成で高精度の印刷を必要としない長所があり、血液銀行の管理・宅配便の配送・図書館の貸し出しに採用されています。
 
ITF
アメリカUPCCで配送梱包の標準コードとして採用されています。日本でも標準物流コードとして、JIS化され梱包内容の識別等に使用されています。面積の割に情報量が多いという長所があります。
 
CODE−39
アルファベットや記号を使える為、多くの情報量が表現出来ます。信頼度が高いため産業分野の作業指示票や現品ラベルに使われ、無くてはならないものとなっています。
 
CODE−128
コンピュータアイデンティクス社が1981年にパソコンの入力対応という要望のために開発したバーコードです。開発したバーコードです。
 
UCC/EAN128
CODE−128をベースに物流情報や商取引情報を表示するバーコードとして誕生しました。医薬品・医療機材業界では有効期限、ロット番号、販売コードを表示し在庫・出荷管理しています。
二次元バーコードを大別すると
二次元バーコードはスタック式とマトリックス式に大別されます。スタック式バーコードとは、一次元バーコードを縦に積み重ね縦横で情報を表示したバーコードであり、PDF417などがあります。マトリックス式バーコードとは、情報を白黒のます目(セル)で縦横モザイク状に表示したバーコードで、QRコード、ベリコード、データコード、マキシコードなどがあります。
 
QRコード
QRコード(Quick Response Codeの略)1994年(株)デンソーで開発された純国産のマトリックス式二次元バーコードで、2000年には国際規格として制定されました。二次元バーコードの読取機能や作成機能を備えた携帯電話の普及を契機に我々の身近でも様々な使用方法で見られるようになりました。
特徴は読み取り速度を速くするために3個の切り出しシンボルが配置されており、スキャナーの走査線がいかなる方向からでも、それを読めば直ちにデコードできることと、表示面積の約30%が欠損してもデータを復元して識別することができるためデータとしての信頼度が高いことです。
 
ベリーコード
ベリテック社が1982年に開発した高密度マトリックス式二次元バー。コードで、マトリックス式の原型となった二次元バーコードです。
 
データコード
L時型のフレームを基本として、その中に約2000バイトの情報を入れることができ、かつ小型化できる特徴を持っています。製品に直接印刷あるいはレーザーマーキングできるのでFAの分野で使用されるケースが多く、液晶あるいは半導体チップやウェハーなどの生産管理で使われています。
 
マキシコード
アメリカ最大の宅配業者であるUPS社が宅配小荷物の仕分、追跡管理のために開発したマトリックス式二次元バーコードです。大きさは1インチ固定で、文字数も93キャラクターと決められており、あくまでも仕分け業務に限られたコードといえます。
 
PDF 417
PDF(Portabl Data Fileの略)はその名前が示すとおり、大量のデータ(約2000バイト)を持ち歩けるスタック式二次元バーコードです。利用実績としてはアメリカの行政、軍隊等の分野に強く、また米国自動車工業会をはじめ、幅広い分野でアプリケーションが開拓され実用化が進んでいます。
 
宝石・時計・メガネ・高級服飾品などの多品種高価商品の販売、食料品や生鮮品販売における鮮度(賞味期限)管理・生産履歴追跡管理、受発注管理、検品管理、伝票のペーパレス化など。
 
生産指示、製造工程管理、品質管理、製造物の追跡管理、部品・材料の受発注管理、機械・測定器・工具管理など。
 
混載物の納品明細、商品集配管理、高速自動仕分け、追跡管理、在庫管理、車両の識別・入退出管理など。
 
展示会やイベントの入場者管理、レンタル・リース管理、証券・カード・小切手・チケットの偽造防止など。
 
血液・尿などの分析データ管理、患者のデータ管理、健康管理用IDカード、医療機材管理、薬・薬ビンの内容確認など。
 
IDカードによるセキュリティ管理、自動車運転免許証・車検証・各種証明書の管理・偽造防止・手続き簡素化など。
 
文書管理、名刺管理、入退出管理、設備管理など。
二次元バーコードを利用した携帯メモリ登録
二次元バーコードの読み取り機能がついた携帯電話であれば、電話帳メモリ登録を簡単に行うことができます。自分の名前、読みかな、携帯電話番号、メールアドレスを二次元バーコード化します。⇒待受け画面などに保存します。⇒電話番号を教えたい相手の携帯電話で保存してある二次元バーコードを読み取ります。⇒携帯電話の画面にしたがって電話帳メモリに登録します。

Q作くん
最後に・・・バーコードについての解説と紹介をさせていただきましたが、まだまだご説明しきれないことだらけです。ご質問ございましたらお問い合わせください。左記は当社の二次元バーコードです。携帯電話にて読み取りご覧ください。

参考文献: 「二次元バーコードガイド」財団法人流通システム開発センター編集
「QRコードのおはなし」標準化研究学会編集
 
株式会社sanwa サイトマップ サイトのご利用にあたって